VOICE

スタッフの声

社員教育のインストラクターも担っており、後輩の指導・育成にも 携わっています!

金 広碩(リーダー)の場合 旅客サービス(福岡空港所 国際線) に勤務

お仕事の内容を教えてください。

出国手続きをするカウンターをはじめ、飛行機へのご案内と到着後の手荷物受け取りに至るまで、お客さまとの出会いを大切にしながら業務しています。私は主に出発の責任者を務めており、前日から運航に関する情報を基に準備をして、業務に入ります。搭乗手続きが終わってからも、システム上の後処理や到着空港への引継ぎなど、お客さまの安全な旅行ができるようにお手伝いをしています。

当社を選んだ理由(入社のきっかけ)は何ですか?

大学の教授からエントリーをしてみたら、と推薦されたのがきっかけです。ここまで仕事を続けていくとは思いませんでした。けれども、仕事を続けてこられたのは、接客業界の中でも高度な接客力を求められる職種だからです。難しいからこそ、自分を磨いていきたい・チャレンジしてみたいといった向上心が芽生えました。今は、この仕事にも業界にも非常に興味深くなっています。ぜひ皆さんにも経験してほしいです。

お仕事に慣れるまでにどれぐらいかかりましたか?

毎日同じ業務でも、便ごとにお客さまもシチュエーションも異なるため、正直なところ未だに慣れていません。また、私たちの準備が整っていたとしても、台風などの天候理由による遅延など様々な事象が発生します。その度に臨機応変な対応が大事ですが、まだ自分には苦手なところです。ですが、いろいろな出会いがあると思います。そこから生じる学びが重なり、かけがえのない思い出になってきました。今日は何が起きるのか不安もありますが、トキメキの心で楽しみでもあります。

どんな時に「やりがい」を感じますか?

お客さまから感謝の言葉を頂いた時や、最もやりがいを感じる時は大幅に遅延していた便を無事に出発させた時です。大幅に遅延した場合は、お客さまからいろいろなご意見も頂きます。だからこそ、お客さまに遅延の情報を随時アナウンスでお伝えし、私たち職員も各業務の流れを話し合い、一秒でも早く出発出来るよう取り組んでいます。搭乗開始から飛行機の扉が閉まるまで、係員皆が協力してこそ、無事に出発させることができます。これが、この仕事の醍醐味だと思います。

気を付けているところはありますか?

今はリーダーという役割を担っているので、係員のサポートに力を入れています。社員のメンタルケアにも気を配っています。

大変なところはありますか?

特にありませんが、コロナの影響で出勤日数がとても減りました。自粛期間も長引いているため、全係員の業務機能やモチベーション低下が気になります。自分自身のスキルが低下しないよう努力しています。

職場の雰囲気(自慢)について教えてください。

プライベートでも交流があるほど、仲がいいです。更に、休憩時間にはコミュニケーションを取り、親睦を深めています。仲の良さが、業務の円滑化に繋がっています。

今後の目標を教えてください。

働き方改革もあり、職場の環境は良くなりつつありますが、まだまだ足りないところはあります。自分ひとりでは変えていけないので、先輩や後輩と協力し、より働きやすく、働きがいのある職場にしていきたいです。

スタッフの声一覧に戻る